温活して身体の中から温める|身も心もポッカポカ宣言

風呂

体と温度

体が冷えると起こる様々な症状

足

このごろの日本では、低体温に苦しむ女性が多くいます。ある統計によると、女性の半数から7割近い方が冷えを感じていると言われています。そもそも女性は男性に比べると、体内で熱を作り出す筋肉が少ないという特徴があります。このように冷えることによる血行不良で、体にいろいろな障害を及ぼします。たとえば、血流が阻害されて肌に必要な栄養が届かないことで、肌荒れが起こります。その他にも、ホルモンが正常に作用しないことで生理痛、生理不順、体のだるさ、不眠も起こります。上記のような冷えによる症状を解消できると、近年話題なのが温活です。これは、その名のとおり、体を温めるための活動のことです。体を積極的に温めて血のめぐりを良くすることで、冷えによるトラブルを解消できます。

温活を実践するためのやり方

毎日の生活で温活を行うためには、食事に気をつける必要があります。そもそも食べ物には、体を温める食品と冷やす食品があります。なので、温活には体を温める食品を積極的に摂取することが大事です。体を温める食品の代表は、のり、ひじきなど黒い食品、根菜類やかぼちゃなどのイモ類です。上記に挙げた食品を、毎日の食事でこまめに摂取するように努力することが大事です。その他の温活方法としては、普段身につけるものに気をつけることです。たとえば、女性が普段身につけている短いスカートは、下半身を冷やしてしまいます。下半身が冷えると血行が悪くなるので、肌を露出する服装は避けたほうが良いです。また体にフィットしたジーンズも足の血行を悪くして、冷えの原因となります。なので、肌を露出しない、ゆとりのある服装を心がける必要があります。